中国語プチ留学の薦め

 中国へ語学留学となると、一般的には、北京、上海などの有名な大学へ行くというのが一般的ですが、 半年、一年と学費、現地での滞在費を捻出しようとすれば、いくら中国での生活費が安いといっても、 それなりのお金も必要であり、準備が必要となります。また、実際、行ってみたが、思っていたイメージと違ったなんてこともあります。
 そこで、中国や中国留学に興味はあるが、実際に現地で生活したことがないので、今ひとつ分からないといった方々の為に、 お試し的な形で気軽に体験していただけるのが、弊社の『中国語プチ留学』です。 本格的に留学するまでに、まずは自分にそういう適性があるかどうか、旅行感覚で滞在しつつ確かめることができ、 さらに中国旅行を楽しみつつ、手軽に語学勉強もでき一石二鳥です。
 プチ留学には以下のような特徴、メリットがあります。



【このような人にお薦め】

中国・香港出張の合間に、中国語学習も取り入れたい方。
中国・香港旅行のついでに、中国語も勉強してみたい方。
閉塞した日本を抜け出して、違う環境を身をおいてみたい方。
海外在住を視野に入れておられる方で、お試し的に海外在住してみたい方。

【プチ留学までの流れ】

 まずはメール等でご連絡ください。弊社より、お客様の来中日程・中国語レベル・ご要望をうかがいつつ、最適のカリキュラムをご提案させていただきます。 さらに、お客様が実際に来中されてから、具体的な日程、授業内容について、ご相談させていただきます。


 反日感情、治安について

 中国へ始めてお越しになる方々が特に気になるのが、反日感情ではないかと思います。特に、2012年8月~9月の反日デモはまだまだ記憶に新しいところでしょう。 深センも例外ではなく、日本車がひっくり返されたりしましたし、実際、日本のマスコミ報道を見て心配して日本からも「大丈夫か」といった連絡をもらうことも多かったのです。<br>  しかし、日本のマスコミの報道というのは、かなり極端であって、実際に生活をしている側からすると、デモ後、一週間程度は、一定の警戒感はありましたが、 その後、特に何もなく、目だった治安の悪さはありません。また、こちらの日本人にも目立った被害は聞いておりません。
 もちろん、今後の日中間の政治状況には注意を払う必要はありますが、日本人であるからといって、何らかの差別的扱いをうけることはまず無いと思いますし、 それよりは通常の意味において治安の悪い地域に近づかない、羽目をはずしすぎない等、当たり前のことを心がけることのほうが大事なのではないかと思います。