お勧めレストラン案内

 近年、深センは、新しいショッピングモールの誕生に伴い、食のバラエティが増え、 わざわざ香港まで出なくとも、かなり充実した食事を楽しめるようになりました。 以下では、日本人でも通えそうなレストラン、ファーストフードを取り上げてみました。 なお、日本料理は、一般の雑誌でかなり紹介されているので省略しております。
(写真クリックで関連ページにとびます。)


【酒楼(ローカル中華レストラン)】

 中国にいるからには、基本は中華料理でしょう。特に、深センは中国各地から 中国人が集まっておりますので、各地の中華料理がリーズナブルな価格で味わえます。 また、お客との接待にも使えたりするので便利です。

金牌小龍(旧:鼎泰丰/台湾料理)(場所/連絡 ⇒HP・分店介紹)
 小龍包で有名な台湾の店。以前は「鼎泰丰(ディンタイフォン)」と呼んでいたが、最近、名前が変わりました。 小粒ながらもジューシーな旨みが凝縮されている小龍包は一度は味わっておきたいところです。 弊社下にも一軒あります。

东北人(東北料理)(場所/連絡 ⇒HP・咱家门店⇒深圳分店)
 その名前のとおり、東北料理の店。濃厚ではあるが、日本人にも非常にあう味。おすすめは「地三鲜」 また店内の内装、店員の服装も凝っており、一見の価値がある。店員が時々、民歌を歌ってくれるサービスもある。

老郷村(湖南料理)(場所/連絡 ⇒HP⇒加盟连锁⇒连锁分布)
 深センに本部をおく湖南料理のチェーン店。うまい、早い、安いの三拍子そろった店。いつも、たくさんの人でにぎわっている。ローカル色、強め。

楚留湘(湖南料理)
 ここの青い辣椒がのっかった魚頭は、絶品。またその他の料理もかなりいけます。場所柄か、日本人と小姐の組み合わせがチラホラ散見できます。

毛家飯店(湖南料理)(場所/連絡 ⇒HP⇒全国毛家饭店查找)
 故毛沢東ゆかりの店。店内には毛沢東の像が飾ってあったりして、革命的な雰囲気とともに料理を堪能するのもよいでしょう。 有名な「红烧肉」他、オーソドックスな湖南料理が味わえます。ただ、店によって、味にばらつきがあるようです。

民间瓦灌煨汤馆(江西料理)(場所/連絡 ⇒ページ下)
 大きな瓶が、店の前に置かれているのが目印。湖南、広東など南方系と思うが「北京ダック」も結構、おいしかったりする。

蘇武牧羊(火鍋)骏庭酒店下(深南東路問診部向かい)
 羊のしゃぶしゃぶ鍋がメインの店。個人的なことになるが、以前、会社の中国人同僚で、豚肉が食べられない男性がいて、 この店にたまに利用していたことがあった。

漓江又一轩(広西料理)(場所/連絡 ⇒分店风采)
 桂林といえば、「桂林米粉」が有名であるが、ここは桂林漓江地方の料理。日本人には、割と食べやすいメニューが多い。 生簀で泳いでいる魚を選べば、その場で調理してくれる。

巴蜀風(四川料理)(場所/連絡 ⇒HP左)
 かなり大きな店内は、いつも大勢の中国人でにぎわっている。オーソドックスな四川料理が味わえる。



【海外のレストラン】

 近年、深センには、豪華なショッピングモールがいくつも誕生しており、 そのテナントとして、海外の有名中華レストランも進出しております。

レイガーデン(利苑)万象城南側近く
 香港のレイガーデンが、万象城の近くにオープンしました。以前、シンガポールで食べたここの飲茶は絶品でした。

翡翠拉面小笼包/クリスタルジェイド(KKモール)
 シンガポールの、クリスタルジェイドが開店しました。 こういったハイクラスの中華レストランも、たまには足を運びたいものです。



【各国エスニック料理】

 外国人の増加のともなって、近年エスニックな料理も広がりを見せつつあります。

越厨(ベトナム料理)骏庭酒店下(深南東路問診部向かい)
 ベトナム料理は、味があっさりしており、日本人にとって馴染みやすい。 この店は、香港人らしき夫婦が営んでおり、店員の接客も行き届いている。 おいしいベトナム料理がお手軽価格で食べられる。



【外資系のファーストフード】

 中国は、外資系のファーストフードチェーンが続々と店舗を展開しており、中国での外食も 選択肢が広がっています。

 

バーガーキング 店舗
 マクドナルドに次ぐハンバーガーチェーン店。近年深センにも、次々とできて、現在6店舗。これで香港で食べる必要が無くなった?!

吉野家
 海外にいると、無性に吉野家の牛丼が食べたくなる日本人もいるのではないだろうか。 幸い、ここ深センには吉野家が何軒かあり、日本人もちらほら見かける。 ただ店内は、日本のような早食い形式のカウンター席は無く、レストランのような感じ。 また牛丼以外のメニューは、かなりローカルナイズされている。

賽百味(サブウェイ)(店舗・連絡⇒HP快餐店位置查询)
 深センにも何軒かあるが、中国人には、あまり人気が無いのか、いつも閑散としている印象がある。 中国人は基本的に、冷めたものをあまり食べないということもあるだろう。欧米人率が高い。

萨莉亚(サイゼリア) 店舗・連絡
 深センでもサイゼリアをぽつぽつ見かけるようになりました。 ただ、かなり安い値段で提供しているためか、いつも若い人でいっぱいで騒がしいので 落ち着いて食事がしたい人には、お勧めではないかもしれません。



【港式茶餐厅】

 中国ローカル食はちょっとという方でも、香港のであれば、割と抵抗は無いかもしれません。 深センは香港に隣接していることもありいわゆる香港式「茶餐厅」が充実しています。

太興焼味餐厅(場所/連絡⇒HP分店資料)
 その名のとおり、焼味(鶏、鴨、叉烧(チャーシュー)などのロースト)がうまい店。 ここは茶餐厅よりもぐっと洗練された感じであるが、茶餐厅の風格が残っています。  

翠華餐廳(場所/連絡⇒HP分店資料)
 香港の「正宗」茶餐厅。メニューがとにかく多彩で、ボリューム感がある。 深センの分店(落馬洲)は、香港にある同チェーンよりも安く食べられる。

大快活(場所/連絡⇒HP分店地址)
 香港の有名中華ファーストフード。オレンジ色を基調とするモダンな内装デザインと無国籍風BGMとは逆に、 お味の方は、香港庶民の好む濃厚な味付けとなっている。 香港へ行けば、「犬も歩けば・・」状態だが、深セン側には羅湖駅に3店だけとなった。


【台湾系】

 台湾の味というのは、大陸中華の濃厚さ、辛さがかなり弱まるので、 日本人にとっては、馴染みやすいかもしれません。

康师傅
 カップ麺でおなじみの康师傅(カンシーフ)が運営している麺レストラン。 といっても、もちろんインスタントではなく、牛肉麺は結構、本格的に仕上げてあるので、試してみる価値はありそう。

阿土面线
 台湾のチェーン。何の変哲も無い小さいカップい盛り付けられる面線が癖になる味。香港にもある。 (と言っているうちに、東門の店が、たたんでしまったようである、残念。)



【快餐(中華ファーストフード)】

 中式快餐(中華ファーストフード)は、中国人が普段着で行く店。日本人が入るには 抵抗があるかもしれないが、木桶飯、桂林米粉、蘭州ラーメンなど市内どこにでもあるが、 意外においしい店がある。自分ならではの店を発掘するのもよいだろう。

味千ラーメン(日式)(各地にあり)
 今更という感じですが、「日式料理」の代表として、とりあえず。 とにかく、どこのショッピングモールへ行っても味千ラーメンが無いところを探すのが難しいほど。 ラーメン屋というより、何でも有りで中華ファミレスといった感じ。

面点王(東北)(各地にあり)
 所謂、東北の庶民の味をそのままファーストフードにした感じ。注文の方式が独特で、 カードをもって、厨房前のカウンターで注文して、スタンプを押してもらい、出来たら、 受け取りに行くという、セルフサービス方式を取っている。

六千館(骨头锅)(深セン各地にあり)
 「九千」とか「六九」とかいろいろな、コピーがあるが、本家は「六千」。 大きい骨を入れてぐつぐつ煮る鍋が有名。中国人は、おいしい、おいしいといって、骨の中まで食べている。 

小肥羊(火鍋)(深セン各地にあり)
 寒い冬は、やはり大勢でわいわいと鍋を囲むのが一番でしょう。 ここは火鍋チェーン店の代表で、店内からは、いつもスパイシーな匂いが漂って来ます。 鍋の内部を二つに分離して、二種類のスープにすることも出来ます。

湘粉人家(湖南)
 いわゆる「木桶飯」屋。その中でも、ここは一番、よいと思う。 かなりローカル度は高いが、利用価値は高い。湖南料理をベースとしているが、 辛くないものもある。お勧めは「梅菜コウ肉飯」「米豆腐」など。 低価格でかなりの満足感があります。



【参考サイト】

〇百度地図 http://map.baidu.com/
 とりあえず、場所がわからないときはここで検索。
〇QQ美食 http://meishi.qq.com/shenzhen