お勧め、デザート/喫茶/ベ-カリー

  画像クリックで関連ページに移動します。

【甜品(デザート)】 

 やはり、まずは所謂、「香港スイーツ」と呼ばれるもが中心となるでしょう。幸い、深センは香港に近いことから 香港の有名チェーンも進出していますし、街中に、小さな店がありますので、穴場ローカル店を発掘してみるのも面白いでしょう。

満記甜品
 香港スイーツの有名チェーン店。モダンな店内は、いつも人でにぎわっています。 紅豆沙、黒ゴマ汁粉、豆腐花といった定番メニューから、マンゴーやドリアンを使ったヘルシー系まで、豊富なメニューを味わうことができます。文句なしにお勧めです。

許留山(ホウライサン)
 香港スイーツの有名チェーン店。とにかく、マンゴーに関するものであればここは外せません。 マンゴー、パパイヤなどの南国フルーツを主体としたヘルシー感覚あふれる一品から、 涼茶、亀ゼリーなど伝統的なものまで、ヴァリエーションのあるメニューが特徴。夏の暑いとき、涼むには最適です。 チョコレート鍋といったユニークなメニューもあります。

顺德双皮奶
 双皮奶(牛乳プリン)発祥の地といわれる順徳。深センに、その正統派牛乳プリンを食べさせる店があります。 牛乳プリン、といった甜品が主体であるが、揚げバナナ、パイナップルを器にした料理とか、 結構、風変わりなメニューがあります。

唐恩都乐(ダンキンドーナツ)
 アメリカのダンキンドーナツが深センにも登場しました。しかし、中国人にとって、ドーナツという存在自体 まだまだなじみが薄いものであるためか、東門の店は程なく閉店しています。 また、ここのドーナツは、日本人にとっては、ちょっと甘すぎるような気がしないではありません。


【咖啡厅(喫茶/軽食)】

 最近、スターバックスをはじめ、コーヒーチェーンを、街中でよく見かけるようになりました。 中国人にもコーヒー党が増えてきたのかもしれません。また、台湾生まれの「珍珠奶茶」といわれる タピオカの入ったミルクティー屋が街中にあり、こちらは、手軽に歩きながら涼をとれる一品として、すっかり定着している感があります。

星巴克(スターバックス)
 とりあえず、基本はスターバックスでしょうか。深センの街中であれば、どこでも見かけるようになりました。 ただ、店内は外国人や香港人が目立ちます。中国人にとって、コーヒー一杯に25元払うということは、 まだまだ贅沢ということなのかもしれません。

仙踪林(rbt)
 ウサギのマークが目印。大抵のショッピングモールに入居している。 中国人の若い人が雰囲気を楽しむのに作られたような店。飲み物のほうはまあまあだが、食事のほうは値段の割りに、あまりおいしいとは思えない。

贡茶
 台湾のチェーン店。「珍珠奶茶」といわれるタピオカの入ったミルクティーを筆頭に、各種飲み物を提供している。 製法はいたって簡単で、バイト店員が、粉とタピオカをミックスして、シャッフルするだけ。

黒龍茶
 こちらも、台湾系「珍珠奶茶」のチェーン店。珍珠奶茶をはじめ、色とりどりのメニューがある。 「珍珠奶茶」のチェーン店は色々あるので、自分に合ったチェーンを探すのがいいでしょう。

够气派动漫主题餐厅(Cosplay Cafe)東門、中威商业广场B1楼

 店員がメイドさんのコスプレをしているという喫茶店。ただ、所謂メイド喫茶ではなく、単に店員がメイドの格好をしているだけのようである。 店内の本棚に多数、漫画がある。



【面包(ベ-カリー)】

 近年、深センは、外国資本のベーカリーが進出して、以前と比較するとだいぶましな状況になってきました。 しかし、まだまだ日本人が満足できるようなベーカリーが少ないというのが実際の状況かもしれません。香港まで足を伸ばせば、おなじみの山崎パンもあります。

Bakerz180(烘焙達人)
 日系ベーカリーの「A-1ベーカリー」が、2010年6月に、深圳に進出しました。 食事用の各種ブレッドをはじめ、コロッケパン、クリームコロネなど、各種パンを取り揃えています。 お勧めは「クルミレーズンパン」。

85度C
 24時間営業の台湾系ベーカリー。近年、中国本土で急速に店舗を拡大しています。 喫茶も併設しており「本格的な味わいを低価格で」がコンセプト。店名は、コーヒーをいれる最適温度に由来しているとのこと。 

面包新語(Bread talk)
シンガポール系ベーカリー。各種パンとケーキを販売。深圳市内各地に店舗があります。

巴拿米(PANAMIE)
韓国系のパンとケーキの店。パンはあんドーナツなど、甘いパンが中心。 入店すると「アンニョンハセヨ」と、声をかけられる店もあります。

山崎面包(YAMAZAKI)
 香港側のみ。「超芳醇」など、所謂、日本の食パンが売ってます。 中国の食パンは、基本的に8枚切りで味もおいしくないので、香港に出たときに買うようにしています。 また、草大福、みたらし団子、どら焼きなど日本の甘党アイテムも取り揃えています。